人気ブログランキング |

請求金額1千万円 被告は姉 体験民事裁判


by リーガルシニア
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Ⅱ 不当利得返還請求債権
 不当利得返還請求債権が相続財産に当たるとする、東京地裁平成23年5月17日判決の
要旨を確認する。
 被相続人Aの相続税の申告を 原告Aの三男 がしたところ Aの長男Dに対する
不当利得返還請求債権が、相続財産に含まれるとして
相続税の更生処分したので、その取り消しを原告が求めた事案。
① 判決の要旨
 DはAの了承を得ず、A所有の金員を自己名義の証券口座又は預金口座に異動させて
不正に使用したものであるから、相続の開始時点において、AがDに対して不当利得返還請求
債権を有していたことが認められるとして相続財産に含まれるとした。
 原告は、D不正使用金員債権は、債務の免除又は同額の贈与を受けた旨主張した。しかし、
Dに対し、Aの実印等の管理を任せ、A所有の財産を自由に使用することを許していたとは
いえず、DがAの口座を利用して株取引することを了承していたと言えないこと。
 不正使用金の返還を求めたことは認められないものの、Aは高齢であり、Dとは親子関係に
あったことから不正使用金の返還を求めなくても不自然不合理ではない上、積極的にDによる
Aの財産の不正使用を了承する意思表示を示したことはなかった以上、不正使用の返還を
求めないことのみをもってAがDにその返還を免除し、又は当該金員を贈与したとは言えない

として原告の主張は採用できないと判示した。
② 対応策
・・・贈与者による贈与の意思表示を欠くこの事例においては、贈与は成立しないこととなる。
 原告が主張するように不正使用金の返済の免除、又は金員の贈与を受けたとする場合には、
贈与契約書の作成とその履行や、その金員の管理処分権がDにあったこと、Dが使用収益権
を確保していたことなどを明確にしておかねばならない。
また、贈与税の申告納付を通じて贈与の実績を明確にしておくことも一つの方法である。

# by legalsr | 2020-01-14 17:10 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 いずれの特集記事も税理士によるもので、
税務トラブルとして生前贈与をめぐる問題を扱っている。
ただ、税法上の問題と民法上の贈与がどう関係するか不明だが、
各記事の中で、私の訴訟において興味深い箇所を抜粋します。

記事2 預貯金の引出し・費消が問題となったケース (税理・2014.10 p29~35)
ポイント
① 消費寄託によって相続財産とされる場合・・・被相続人は、金員を自ら管理できる状況
 になかったときに、被相続人の金員が相続人名義の預金口座へ入金されている場合、
 相続人に贈与する意思表示があったとする事実が認められないときは、被相続人は相続
 人に対して金員を消費寄託したものと認められる。
② 不当利得返還請求債権として相続財産と認定される場合・・・被相続人の了承を得ず、
 被相続人の金員を相続人名義に異動させて不正に使用したこきは、不正使用金相当額
 の不当利得返還請求債権が相続財産とされる。
③ 略
④ 相続開始直前に引き出された多額の金員は、被相続人によって費消等された事実が
 ないことから相続財産として認定された場合・・・相続開始直前に引き出された多額の
 金員は、相続の開始時点までに被相続人の支配の及ぶ範囲の財産から流出していない
 場合には、相続財産であると認定されている。

・・・被相続人固有の預貯金を、親族が勝手に引き出して自分の名義預金にしたか、費消
してしまった事例で、被相続人の相続財産と認定された裁決や判決の趣旨を確認し、・・・

Ⅰ 消費寄託 民法666
 消費寄託とは・・・略
① 裁決の趣旨
 被相続人は、相続開始1年以上前から相続開始まで認知症の状態にあったと認められ
被相続人と相続人が同席のもとに証券会社から高額の金員を相続人の自宅で受領した
後、被相続人は病院に戻っていることから、高額な金員を被相続人が費消等することが
できるとは考え難く、また、被相続人の預貯金にも預け入れられた形跡もないことから、
被相続人によってその金員を費消等されなかったと認めるのが相当である。
 また、被相続人は、金員を自ら管理できる状況にはなかったと認められ、本件金員が
原資と認められる複数の金融機関の相続人名義の口座への入金が行われていること
からすると、相続人に贈与する旨の意思表示があったとする事実が認められない以上
被相続人は相続人に対して金員を消費寄託したものと認めるのが相当である。
 したがって、本件金員の消費寄託に伴い、相続人に対する返還請求権が生じ、相続
開始日までに相続人が返還義務を履行した事実は認められないことから、本件金員の
消費寄託に係る返還請求権は、相続財産に該当すると認めるのが相当である。
(つづく)
# by legalsr | 2020-01-13 16:59 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 いずれの特集記事も税理士によるもので、
税務トラブルとして生前贈与をめぐる問題を扱っている。
ただ、税法上の問題と民法上の贈与がどう関係するか不明だが、
各記事の中で、私の訴訟において興味深い箇所を抜粋します。

記事1、相続税調査と財産の帰属をめぐる問題 (税理・2014.10 p13)
名義財産の帰属判定の実際
<事例2>
 被相続人の高齢化に伴い、その贈与時の意思能力などが問われる場面
がある。
・その贈与行為(預金の引出しなど)の時点で、被相続人が、自己の財産
管理に係る意思表示を行い得ない状態にあった場合、贈与後における
名義財産の管理等をそれぞれの名義人が行っていたものの、贈与事実
そのものを否認されたケース

・晩年、被相続人が、その財産の管理等(預金の管理(入金、払出など)
を全面的または部分的に家族に委ねる場合が少なくないが、その授権
等の状況を明確に出来ず、生前贈与が否認されたケース


# by legalsr | 2020-01-12 16:07 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 代理人弁護士から被告側準備書面の内容について電話があった。
必要経費明細(但し領収書は千円単位のもの数枚のみ)と、
要するに、これだけ大変な面倒をみたと言うための
カレンダーに書き込まれたメモなどを証拠として、
従来の主張:「使った経費以外は貰ったもの」を繰り返したものとの事。

 やはり生前贈与の有無が争点になる。
原告としての立証責任について、
もっと情報が欲しいと思っていたとき、
有難いことにコメントで「判例タイムズ」掲載の記事・論文の存在を教えて貰った。

 早速、県立図書館のデータベースを検索したが見つからず、
国会図書館オンラインにて検索できた。
今まで利用したことなかったので、
「利用者ID」登録して遠隔コピー依頼をした。
また、その他興味深い情報がデータベースにあることが判った。

 昨日、穏やかに晴れたのでドライブがてら国会図書館に行った。
利用者登録受付→書庫資料請求受付→複写受付→セルフ複写。
担当者も親切で非常にスムースに目的の資料を入手できた。

 資料:(特集・金融資産の帰属をめぐる相続時の税務トラブル)
掲載誌 税務 2014.10 p36-45
# by legalsr | 2020-01-12 10:49 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 「ところでお姉さんは、お金もう使ってしまっているでしょうね」
その弁護士から電話があったのは、前日面談し話を聞いてもらったばっかりのときだった。
私「多分、使ってるやろけどかなりお金は持ってるみたいです。家も土地も姉のものですし」
弁護士「判りました。いざとなったらそれを売り払えばいいですね。
昨日の打ち合わせどおり、不当利得返還請求でいきたいと思います。」

 本人訴訟で訴状を提出したものの地裁からの指摘に対し、
質問の意味さえ解らない情けない状態になった。
そのときちょっとした話から紹介してもらったのが、その弁護士が所属する事務所でした。
私「・・・ということで地裁への回答期限が迫って困っている」
弁護士「この文書を理解できたら弁護士いりません。書証はどんなものがありますか」

 そんなことで、その弁護士とは最初からフェーズが合うというか、話が早いというか、
早速、代理人契約してもらった。
その後、訴状訂正から準備書面作成など全くさすが弁護士と感心するばかり。
結局、最初の弁護士との違いは対応の早さ、熱意、事件の背景にある事実認識の差
などかなと思う。弁護士の都合や考えもあったと思うので本当のところはわからないが・・・

 まだまだ解決するまで時間がかかり、
被告も私も高齢者なので、逆に時間はそんなにない状態で、
この代理人弁護士の活躍に期待している。
# by legalsr | 2020-01-08 15:29 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 3、相手方弁護士
 もしかしたら引き受ける弁護士がいなくて、
しかたなく姉側の親族の弁護士に頼んだのではないかと、
勝手に私が想像しているのが被告側弁護士である。
これが難関の司法試験を通ってきた人が書いたのかと疑いたくなるほど
非論理的な文章が第二回期日に出された。

 これからこの人を相手に長い訴訟をしなければいけない。
それなりに経験ある人らしいので、
粗雑な準備書面に騙されてはいけないだろう。
なにか裏があるかもしれない。

 少なくとも粗雑なのは弁護士ではなく、
被告の反論のストーリーそのものであり、
準備書面はそれを忠実に著わしただけと考える。
こうした「負け筋」の事件を受託するときの
弁護士の成功報酬はどんな計算になるのだろうか。
被告とは、そんなに親しくもない(と聞いている)弁護士が、
損得抜きで仕事をするとは思えない。
間もなく2回目の被告側準備書面が出るので、
裁判の帰趨が見えてくるだろう。

# by legalsr | 2020-01-07 15:56 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 まず、ゴーン事件の弁護士の言い訳
~問題のパスポートについては、失念していた。~
よく言うわ。
結果として依頼人の逃避行を招いたことに対し、
法曹人としてどう責任を取るのか。
代理人弁護士を辞めたでは社会的責任を取ったと言えない。
まあ、問題が大きすぎて素人が下手な考えしても、
千の無いことなのでこれ以上止めておく。

 それより、私の事件と弁護士について少し思いを纏めてみました。
1、ネット上の弁護士
 この事件が起こった時、ネットで「遺産使い込み」で検索した。
いろんな弁護士事務所から基本的なアドバイスが得られ役にたったが、
不満を言えば、どの記事も「判例」がないことであった。
具体的な判例があれば、理解が深まり自信もついたと思う。

2、初めて契約した弁護士
 関係のあった司法書士の紹介で初めて弁護士と面談したのは、
一部の銀行取引履歴調査結果を入手し、姉の使い込みが明らかになりつつある時でした。
A4用紙2枚に経緯から背景までまとめ、できるだけ「事実」のみ説明した。
当事者は平気でウソをつくのが、世の常、人の常、裁判の常、らしいので、
証拠に基づく「事実」のみに限り主張し、感情的にならないよう気を付けた。
ただ姉の考えそうなことや性格的なところは、状況証拠的なやりとりを説明するしかなく、
結局こちらの認識が伝わってなくてコンフリクトを起こし、解任になった。
当初から家事調停事件では埒が明かない、民事でいくべきとの意見を述べたが、
家事調停に拘り、時間とお金を無駄にした。
姉の生き様や性格などを「ひとつの事実」として認識を共有してもらえたら、
いきなり訴訟パンチくらわすしかないとなったと思う。
医者と患者の関係に似て、
お互い信頼がなければうまくいかない。

(つづく)




# by legalsr | 2020-01-06 18:49 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 いよいよ勝負の年が明けました。早々に第4回目の裁判期日が来ます。
相手方はどんな反論を用意したのか、少し気にはなりますが、
訴えの変更による請求額の増加に対しても、
要った(使った)経費明細とそれ以外は贈与されたとの主張は変わらないだろう。

 問題の根本はやっぱり被告に法的リテラシーが欠落しており、
不法行為をしたことを理解できないか、
今更、弟に1千万どころか一銭も取られたくない一念で固まっていること。

 まもなく被相続人亡母の一周忌がきます。
姉は当然参加しない。どんな気持ちかな。
亡母が信頼して託した遺言書をどうしたんやろ、捨てたのかな。
ひとごとやけどしんどい話、
ストレスの毒をたっぷり味わったらいい。
それだけのことをしてきたことを、
訴訟で思い知ったらいい。

 あくまで家事調停にこだわった最初の弁護士は、
遺言書については、隠されたらしかたない。
本当にあったかどうかも含めて疑わしい程度の対応でした。
新しい代理人弁護士は、きっちり取り上げて、
準備書面で主張してくれている。

 贈与についてノンリケット状態を突破するカギは、
意外と遺言書に対する背景説明が理解されるかどうかかも知れない。

# by legalsr | 2020-01-05 15:45 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)
 前3回は贈与への反論を贈与時期がいつか?の3つのケースについて書きました。いずれのケースでも贈与があったとの主張は成り立たないと原告としては思うが、さて裁判ではどうなるか不明です。被告としては真偽不明の状態にすれば良いわけで、立証責任は原告にあるため、いろんな角度から反論を試みたわけです。本来はお互い示した証拠を並列的に評価して、どちらの主張がより正しいかを見てもらいたいが、推定無罪の原則から真偽不明の状態は被告に有利にはたらくらしい。
 最近の各種事件の裁判結果でも被害者からすれば納得できないものが多いと思うのは私だけだろうか。なにか時代の実態と法律や裁判制度が合っていないのではないか。例えば私の事件の場合、親子間の贈与契約は口頭でも成り立つと解釈されるらしいが、現代社会で契約には原則的に書面が必要なのは当然であるのに不合理である。ある意味権力の行使は自制的であるべきだし、推定無罪や性善説の原則は個人的には大変重要なものである。同時に複雑化する個人間の諸問題について社会として法的にコントロールするため、「契約」はあらゆる場合に適合する知恵ではないか。事程左様に重要な「契約」を親子だから口頭でもオーケーとは納得できない。それに性善説や推定無罪の原則が加わると余計に始末に悪い。
 私のような親族による遺産使い込み事件は増えているようで、高齢化社会の進展により今後もっと増えると思われる。私のブログは被害者側からの体験を述べることで少しでも参考になればと始めました。いよいよ裁判も中盤から終盤に向けて進みます。来年もアクセスよろしくお願いします。
# by legalsr | 2020-01-04 18:18 | 不法行為 | Trackback | Comments(3)

(生前贈与)反論(3)

3 When? 年金入金口座以外の定期性口座は解約時に贈与された。
 年金入金口座の贈与を出金時とするのは、さすがあまりに不自然であるため当初一括して贈与されたということにして贈与があったと主張するケース。
*A銀行定期預金解約した日、被相続人は入院中で解約票を書ける状態でない。解約票の筆跡確認はA銀行にて応じてもらえるよう了解をとっている。一時生命も危ぶまれた被相続人にその時贈与の意思決定があったとは考えられないが、そのような状況でも贈与する必要性があれば説明する責任は被告にある。
*A銀行貯蓄預金の出金は、被相続人が特養入所1年後にCD支払機限度50万ずつ数回に分けて実施されている。この口座の贈与があったなら堂々と一括して払出票にて出金すればいい。またその時点で贈与される理由・必要性について被告は明確にすることを要求する。
*B銀行定期預金の解約は、被相続人が特養入所後2週間後に行われ一旦同銀行普通預金口座に入金されたのちCD支払機限度50万ずつ数回に分けて出金されている。その時の解約票は入手済で筆跡から被告が被相続人の名前を記入して解約したことは間違いない。銀行側のチェックは口座間の移動のため問題とされなかったと考えられる。この口座の贈与があったなら贈与契約書を示し堂々と一括して払出票にて出金すればいい。またその時点で贈与される理由・必要性について被告は明確にすることを要求する。
*同じような解約がC銀行定期預金についても特養入所1年後に行われた。普通預金口座に振り替えられたそのお金は、被相続人死亡9か月前から死亡日後までCD支払機限度50万ずつ十数回に分けて実施された。定期の解約票筆跡も被告のものでB銀行と同様口座間移動のため問題とされなかったと考えられる。A銀行、C銀行の場合、との違いは金額が一桁大きいことと出金が解約7年後から行われていることである。被相続人の身体状況がいよいよ悪くなり急いで出金しているのは明らかである。また出金された時期の被相続人は、意思決定能力やコミュニケーション力が全くなくなり贈与について被告とやりとりできる状態にない。


# by legalsr | 2019-12-29 05:15 | 不法行為 | Trackback | Comments(0)