人気ブログランキング |

訴えの変更申立

 先週第三回目の期日を迎え、被告の主張に対する反論の準備書面を陳述しました。また今回は訴えの変更申立(追加的変更)を行いました。従来の訴えは、亡母の特養入所後に払出された預金について、使途不明金を不当利得返還請求していました。今回の変更申立は、特養入所前の使途不明金まで対象を広げ、不法行為による損害賠償請求を主位的請求、不当利得返還請求を予備的請求としました。
 もともと特養入所前の2年間についても、銀行取引履歴を入手していたので使途不明金の存在も判っていたが、当初本人訴訟で訴状を作成するとき生活費の明確な特養入所後に限定したわけです。その後弁護士を代理人として訴訟を行ってきたので、本人訴訟で遠慮した分まで拡大することは全く同意できる話です。弁護士から追加的変更の話があったので、ぜひそれで進めてくださいとお願いしました。弁護士としては最初から考えていたことらしく、ただもし被告側が初回期日で和解を申し出れば・・・そのままで行くことも有り得た。被告側から和解の提案どころか凡そ主張自体失当な反論があっので、本来の訴額にしただけである。
 また、不法行為による損害賠償請求を主位的にしたのは、法的にベターな判断の結果と思う。原告の立場からすると本訴訟提起の原因は被告が作ったわけで、弁護士費用を請求できる不法行為による訴えのほうがスッキリすることは確かである。

トラックバックURL : https://legalsr.exblog.jp/tb/239795007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by legalsr | 2019-11-24 10:44 | シニアライフ | Trackback | Comments(0)

訴訟係属中の事件について原告の体験報告


by リーガルシニア
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31